シェアハウスで一人暮らしをスタート

最近は、1Kの新築アパートと同じぐらいの家賃で、築年数はちょっとあるけど広々とした一軒家を借りることができますよね。
一人暮らしで一軒家はもちろん広すぎますが、複数の人たちとシェアハウスをしてみるのはいかがでしょうか?

ほとんどの一軒家にはダイニングキッチンとリビングルームがありますので、
共同空間は広々と使えて、その上で個室が確保できるのでプライベート空間はしっかり守られます。
そして、家賃や光熱費はもちろんのこと、トイレットペーパーや洗剤などの日用雑貨もまとめて買って
みんなでシェアできますので、生活費の節約にもなります。
家に人がいることで、家呑みが多くなり外でお金を使うことも減っていきます。
それに、旅行などへ行くときも、一人暮らしだと空き巣の心配がありますが、
シェアハウスだと誰かしら家にいてくれるのでその心配もないし
水をあげられなくて観葉植物が枯れるということもありません。

いいことばかりのように思えるシェアハウスにも、もちろんデメリットはあります。
たとえば入居、退去のタイミングが違ったり、突然転勤になり急に退去する事になったりすると
家賃の分担が難しくなってきます。
そんな時のために、自分が住めなくなった時は代わりの入居者を探してから退去するなど、
はじめからきちんとルールを作っておくといいですね。

一人暮らしをはじめてみたいけど、予算的に難しいなと思っている方には
シェアハウスという暮らし方はとてもお勧めです。